何を基準にして選ぶ?色々なポイントから見る中古車の選び方

年式と走行距離で選ぶ

中古車を選ぶ時のポイントはいくつかあり、その中でも年式と走行距離は重要なポイントとなります。年式の割に走行距離が短い場合は、状態が良いケースも多いため、購入候補の一つとしてキープしておきましょう。目安としては年式1年落ち当たり走行距離1万キロほどで、例えば3年落ちの車であれば3万キロ以下がおすすめと言えます。しかしここで注意する点があります。それは走行距離があまりにも短い場合です。そのような場合、前の持ち主が長年ガレージの中に放置していた可能性が高く、エンジンやブレーキ、ライトなどの各部がきちんと動作しないことがあるからです。

装備で選んでみよう!

どのような装備を持っているかも、中古車を選ぶ上で重要な基準の一つです。カーナビや衝突回避のための自動ブレーキなどは人気の高い装備のため、それらを備えている中古車は値段が高くなる傾向があります。そしてそのような人気のある装備を基準にすることも大事ですが、何よりも大切なのは自分が希望する装備を持っているかどうかでしょう。たとえ最新式で人気の高い装備を備えていたとしても、自分が欲しい装備がなければ、その中古車は購入候補にはなりにくいかと思います。

グレードで選んでみる

中古車を選ぶときの基準として、グレードを確認することも挙げられます。例え同じメーカーから販売された同じ車種だとしても、グレードが複数種類存在することがあるからです。例えばホンダが出したフリードにはハイブリッドGホンダセンシングやハイブリッドクロスターホンダセンシングなどのグレードが存在します。グレードが違うと装備や外観が異なるだけでなく、価格も数十万円から百万円近く差が出ることがあります。

リーズナブルな値段のボルボを仙台で購入することができます。格好良いデザインで、様々な機能を備えています。