マナーを守ってスノボを楽しく滑りましょう

ツアーは日帰りか1泊以上の泊まりプランがあります

都心を出発する北関東・甲信越・南東北方面へのスノボツアーは、日帰りか1泊以上のプランから選ぶ事が可能となっており、バス・新幹線で行く事が出来ます。バスで行く場合のスケジュールとしては、夜出発・朝出発の2つから選べるので、オープンからたっぷり滑りたい場合は前者・ゆったり過ごしたい場合は後者にしておくと良いでしょう。集合時間は20分前や15分前になっている事が多く、出発までに予約確認(リフト券渡し)・荷物搬入・最終点呼を行う事から、他のお客様の迷惑にならないように時間厳守で到着しておくようにしましょう。ちなみに、ボードセット・ウェアの持ち込み料はほぼ全ての事業者が無料で行っています。

現地でスノボを満喫しましょう

バスに乗った後のスノボツアーは、乗り換えなしでスキー場に行く事が可能で、女性参加者でも安心して着替えられる場内の着替えスペースやパウダールームで身支度を終えてから滑り始める事が出来ます。レンタルは、ツアー特典として格安で利用出来るケースが多く、スノボセットであっても1000円程度の安さから借りられるので、通常の個人利用で借りるよりも相当なお得感があると言えます。そして、初めてのスノボで不安な方におすすめなのがスクール入校であり、スノボの基本動作であるターン・ストップ・体重移動・転び方を午前中に60分や120分学ぶだけで基本が身に付く事から、午後の昼食後に滑れるようになりたい場合は入っておくのが良いでしょう。

豪雪地帯のスキー場は4月まで雪が残っている事もあるので、一部のスノボツアーも4月中旬や下旬まで提供されています。